よくある質問 | 札幌の葬儀・家族葬なら遠藤葬礼社

Close

よくあるご質問

HOME >  よくあるご質問

皆さまから頂くご相談の中で、よくあるご質問をまとめさせていただきました。ぜひご活用ください。

費用が心配です。

一般的には、多額の費用がかかると思われがちですが、当社はご予算やそれぞれの状況に応じて、最大限にご意思が反映されるよう努めてまいります。

葬儀のあとの法要は......?

式後のことについても、四十九日はもちろん、その後の回忌法要についても必要な御手配と状況に応じたアドバイス・ご希望に合った施行をさせていただきます。

無宗教で葬儀を行いたいのですが......

最近では、宗派にとらわれない葬儀が多くなってきています。
当社では亡き故人のご希望を第一に考え、また、ご遺族の意思に沿うように葬儀のご提案を行っております。

病院で紹介される葬儀社を断っても大丈夫でしょうか?

問題ありません。
病院でお亡くなりになった場合、ご遺体を搬送する必要があるため病院側からご遺族に葬儀社を紹介してくれますが、お断りして全く問題ありません。「葬儀社〇〇に依頼しますので」とはっきりお断りして葬儀社に連絡して下さい。

深夜・早朝でも搬送していただけますか?

当社では24時間365日対応しておりますのでご安心下さい。深夜・早朝などの時間や天候も関係なく、対応しております。

仏式以外の宗派でも対応していただけるのでしょうか?

仏式、キリスト教、神葬、友人葬、無宗教など、宗派を問わず承りますのでご安心ください。

友引にお葬式をするのはよくないと聞いたことがあるのですが......

友引にお葬式を出してはいけないというのは俗信です。
そもそも友引とは「六曜」という中国の暦であります。友引は「友」を引くと忌み嫌われていますが、単なる語呂合わせでしかありませんのでお葬式をしてはいけないという意味ではありません。

友引にお葬式をするのはよくないと聞いたことがあるのですが......

友引にお葬式を出してはいけないというのは俗信です。
そもそも友引とは「六曜」という中国の暦であります。友引は「友」を引くと忌み嫌われていますが、単なる語呂合わせでしかありませんのでお葬式をしてはいけないという意味ではありません。

葬儀にはお寺さんに拝んで欲しいと思うのですが、お付き合いのあるお寺さんがありません......

ご安心ください。お付き合いのあるお寺様がない場合は、ご宗派に合わせてご紹介させていただきます。

お葬式の前に、まず何を用意したらいいのでしょうか?

死亡診断書、認印、写真、そして宗派宗旨菩提寺の確認などを行ってください。

住宅事情等により故人をすぐに自宅に連れて帰ることが出来ません。どうしたらいいのでしょう?

その場合、当社の北34条アクセスホールにてご安置できますのでご安心ください。